一次冷却材ポンプ

一次冷却材ポンプ いちじれいきゃくざいぽんぷ

 reactor coolant pump. 一次冷却材を循環させるポンプ。蒸気発生器を通過した一次冷却水はループシールと呼ばれる配管の立ち下げ部分を経た後、一次冷却材ポンプにより原子炉容器に戻される。一次冷却材ポンプには漏洩制御軸封形の電動機駆動縦置単段斜流ポンプが用いられており、一次冷却材はその下部より吸引された後、インペラにより加圧され、ディフューザーを経て側面より吐出される。電源喪失時に炉心に十分な冷却材を供給するために、ポンプのコーストダウンが長くなるよう、一次冷却材ポンプを駆動する電動機にはフライホイールが取り付けられている。原子炉冷却材ポンプとも呼ばれる。沸騰水型原子炉では再循環ポンプのことをいう。


<登録年月>
2001年10月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ