ハンドフットモニタ ハンドフットクロスモニタ

ハンドフットクロスモニタ はんどふっとくろすもにた

 hand-foot-cloth monitor. 手足、衣服の表面汚染を測定するため、汚染検査室などに常設する表面汚染検査器をいう。一般に汚染検査室の出口のところに設置される。両手、両足についてそれぞれの検査部があり、マイクロスイッチの操作により、両手足の汚染が同時に測定できるようになっている。また衣服用の検出器が備えられており、指示部の一部が衣服の汚染度を示すようになっているものもある。検出部の種類によりα、β、γ線用があるが、GM計数管を用いたβ、γ線用モニタが一般的である。放射線検出のあとは他のモニタ類とほとんど変わりなく、表示、警報を必要に応じて出すようになっている。表示方法としては、特に他のモニタ類に比較して見やすいように手足それぞれについてのメータが付いているのが普通である。


<登録年月>
1999年03月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ