イオン交換樹脂

イオン交換樹脂 いおんこうかんじゅし

 イオン交換の能力をもつ不溶性の合成樹脂をいう。樹脂は化学的に不活性な部分の樹脂基体とイオン交換基の部分からできている。 樹脂の分類は、一般的に樹脂基体による分類(スチレン系、フェノール系、脂肪族系、ピリジン系など)と交換基による分類(陽イオン、陰イオン交換、両性樹脂)がある。使用する樹脂はこの両分類により指定できる。樹脂の使用に際しては、膨潤や予備平衡の操作、再生操作などを行う必要がある。


<登録年月>
1998年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ