イエローケーキ

イエローケーキ いえろーけーき

 ウラン精鉱ともいい、ウランの精錬工程のうち山元で行う粗製錬の製品の総称である。採用される工程によって重ウラン酸アンモン、硝酸ウラニル等化学形は種々あるが、いずれも6価のウランの色である黄色を呈するのでこの名がある。ウラン含有率は60%程度である。ウラン鉱石の取引はイエローケーキの形で行われるのでウラン価格はイエローケーキ価格として表示される。製品により化学形、ウラン含有率が異なるので、価格はU3O8に変換した場合の重量あたりで表示される。取り引きされたイエローケーキはさらに精製錬にかけられて最終製品になる。


<登録年月>
2001年09月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ