英国核燃料会社 BNFL

BNFL びーえぬえふえる

 British Nuclear Fuels plc. 英国の核燃料サイクルと廃止措置を中心とした原子力事業を担う100%政府出資の持株会社。英国政府の国有企業民営化政策に基づき、英国核燃料公社(BNFL)が民営化されて1984年に設立された。民営化後も公社時代と同じBNFLを略称としている。BNFLの運営は当初順調であったが、1999年のMOX燃料検査データ偽造問題、2005年のTHORP再処理工場の放射性溶液漏えい事故、政府の老朽原子力施設の廃止方針を受けて、2005年に原子力廃止措置機関(NDA:Nuclear Decommissioning Authority)が創設され、英国原子力公社(UKAEA)とBNFLの資産は全て移管された。BNFLはNDAから委託業務を行う国営企業となり、事業の再編後、資産売却が順次実施され、2009年5月にBNFLグループ会社の売却・整理が完了している。なお、BNFLの資産売却は、再処理、廃止措置、除染などの事業を行うBNG(British Nuclear Group)社及びその傘下の企業にも及ぶが、セラフィールド(Sellafield)のMOX燃料成型加工工場と再処理工場は、米国(URS)、英国(AMEC)及び仏国(AREVA)合弁のセラフィールド社が引続き運転を実施している。


<登録年月>
2012年06月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ