設計基準事故

設計基準事故 せっけいきじゅんじこ

 design basis accident. 公衆の健康と安全を確保するため、原子力施設の諸設備、系統に対し、設計条件を定めるためにあるいは設計を評価するために想定した事故。この設計基準事故の想定においては、一定の規則に従って機器の破損や故障の発生を仮定して組み合わせる。また、原子力施設において生じ得る無数の異常あるいは事故の経過と結果をこの少数の想定事故例で包絡できるように、起因事象、途中経過等が定められる。原子力施設設置許可申請書に記載されている各種の事故は、おおむね設計基準事故である。


<登録年月>
2010年05月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ