国連環境計画 UNEP

国連環境計画 こくれんかんきょうけいかく

 国連諸機関の環境諸活動を総合的に調整管理し、国連諸機関が関与・着手していない環境問題に関して国際協力を進めることを主たる役割とする国際連合の機関。1972年6月の国連人間環境会議(ストックホルム)での「人間環境宣言」及び「国連国際行動計画」を実施に移すことを目的に、同年に設立された。英語表記(United Nations Environment Programme)を略記してUNEPとも呼ばれる。UNEPは生物多様性保護、海洋環境保護、オゾン層保護、気候変動への対応、有害廃棄物管理、砂漠化防止などの広範な分野において、地球監視、条約事務、研修、国際協力等を通じた活動を展開している。UNEPには、管理理事会、環境事務局及び環境基金の組織があり、環境事務局の本部はケニアのナイロビに設置されている。


<登録年月>
2010年07月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ