フォールトツリー

フォールトツリー ふぉーるとつりー

 fault tree. 複雑な工学的システムの機能喪失、使命達成不能など好ましくない事象を頂上に置き、それをもたらす要因を成功、失敗の2値論理の組み合せを使いて論理展開し、素因までさかのぼって表示したもの。その形状が樹木状になることからこの名称がある。フォールトツリーの作成と解析は、システムの設計、運転、保守にかかわる総合的な信頼性や安全性を評価する上で有効である。また、最下位の問題事象の発生頻度から最初に想定した特定故障・事故の発生確率を算出し、同時に故障・事故の因果関係を明らかにすることも可能である。


<登録年月>
2012年04月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ