放射線モニタ

放射線モニタ ほうしゃせんもにた

 放射線取扱施設などにおいて放射線量(率)を連続的に測定監視する設備である。放射線のレベルを検出器が置かれている場所とモニタ監視盤で表示し、その値を記録計に連続的に記録し、異常時には検出器の場所とモニタ監視盤で警報を発報する機能をもつている。これにより作業者に放射線レベルの異常を知らせて被ばく線量の低減を図るとともに、放射線安全を確認するために使用される。測定する放射線の種類にはγ線、中性子線の線量率や空気中の放射性塵埃、放射性ガスの濃度、水中の放射能濃度などである。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ