放射性廃棄物処理

放射性廃棄物処理 ほうしゃせいはいきぶつしょり

 処分の前段階で、濃縮による減容処理、安定化処理などの処理プロセスをいう 低レベル放射性廃棄物ではセメント、アスファルト、あるいはプラスチックなどを用いて水に溶け出さない固化体とすることであり、高レベル放射性廃棄物では使用済み核燃料をそのまま銅粉末などとともにキャニスターに詰めた固化体とするか、再処理の共除染工程から排出される高レベル放射性廃液をガラス固化体としてキャニスターに充填する。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ