放射性固体廃棄物

放射性固体廃棄物 ほうしゃせいこたいはいきぶつ

 原子炉施設等の運転、点検、保守から生成する固体状の放射性廃棄物をいう。放射性固体廃棄物は、放射能の強いガラス固化体などの高レベル固体廃棄物とそれ以外の低レベル固体廃棄物(雑固体廃棄物を含む)に分類される。一般に、高レベル固体廃棄物は表面汚染の有無などを確認した後、施設内の貯蔵ピットに保管される。また、低レベル固体廃棄物はその性状に応じて切断、圧縮、焼却等の処理後、低レベル固体廃棄物施設に貯蔵される。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ