放射化学分析

放射化学分析 ほうしゃかがくぶんせき

 天然あるいは照射した色々な物質に含まれる放射性核種の放射能を測定して、その核種の種類、量、濃度などを知る化学分析法をいう。感度が高いので微量分析や地質学、考古学の研究に用いられている。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ