ボイド効果

ボイド効果 ぼいどこうか

 void effect. 液体減速材又は液体燃料の原子炉の炉心内において、沸騰その他の原因によるボイド(気泡)の発生あるいはボイド量の変化が反応度に及ぼす効果。ボイド量は減速材の流量、液体燃料の密度、圧力などに影響され、これらの物理量の変化に伴って中性子の減速、吸収、漏れの量が増減し、反応度が変化する。水を減速材に用いる軽水炉では、何らかの原因で出力が急上昇した際に減速材温度が上昇し、ボイド量が増加して反応度を低下させ、出力の上昇を抑制する効果がある。なお、中性子を減速させずに核分裂連鎖反応を維持する高速炉においては、冷却材のナトリウムにボイドが発生しても反応度を低下させる効果はない。このため、出力急上昇時にはドップラー効果などで負の反応度が生れ、出力上昇が抑制されるように設計が行われている。


<登録年月>
2012年01月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ