腐食生成物

腐食生成物 ふしょくせいせいぶつ

 CP(Corrosion Products)。原子炉プラントを構成している機器、装置、配管などの構成材料の腐食によって生成された物質である。特に原子炉冷却材回路中に生じるFe,Co,Mnなどの酸化物が問題となる。これらは、主として冷却材中に溶存酸素がある場合に発生しやすい。放射化したものを放射性腐食生成物という。


<登録年月>
1998年02月




JAEA JAEAトップページへ ATOMICA ATOMICAトップページへ